2010年8月20日金曜日

ブログの更新をお休みします

ブログの更新をお休みします

残暑お見舞い申し上げます。
いつも usiwin にアクセスしていただきありがとうございます。

さて、8月20日から8月31日まで旧ブログ(http://usiwin.spaces.live.com)の記事のバックアップを中心に保守作業を行う関係でこの11日間はブログの更新をお休みします。

この期間中に行う作業は次の通りです:

  • 旧ブログに投稿した記事のバックアップ
  • コンピューターの点検
  • ブログの画像表示プログラムの実装試験
  • ラボサイトのコンテンツの拡充
  • ガジェットのバージョンアップに向けた開発

購読されている方には申し訳ありませんが、ご理解のほどをお願いいたします。

--tsuhi

2010年8月19日木曜日

マイクロソフト、Windows Live Essentials 2011(ベータ2)を公開


マイクロソフトは Windows Live Essentials 2011(ベータ2)を公開しました。
ベータ2 をインストールすると、バージョン 15.4.3001.809 になります。
このベータ2 には、ユーザーから寄せられたフィードバックを基に、ベータ1 からの改良、不具合の修正および新機能の実装が含まれてます。

ベータ2 の特長としては Windows 7 を完全にサポートしていることが挙げられます。
これはベータ2 に含まれている、すべての Windows Live 製品が Windows 7 の新しいリボンUI、ジャンプリストに対応したことによるものです。

Windows Live Photo Gallery に新機能が加わったほか、すべての Windows Live 製品で改良、不具合の修正が行われました。

また、ベータ2 では日本語、英語、スペイン語、フランス語、オランダ語、ポルトガル語、中国語(簡字体)のほか、ロシア語、ドイツ語も追加されました。

各 Windows Live 製品のバージョンは次の通りです:
  • メッセンジャー: 15.4.3002.0810
  • フォト ギャラリー: 15.4.3002.0810
  • メール: 15.4.3002.0810
  • ムービー メーカー: 15.4.3002.0810
  • Writer: 15.4.3001.0809
  • ファミリー セーフティ: 15.4.3001.0809
  • Sync: 15.4.3001.0809



この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。
 
● Windows Live Essentials をダウンロード
  Windows Live
    http://explore.live.com/windows-live-essentials-beta

● Windows Live Essentials の日本語版をインストールする
  (ウェブから直接インストールする)
    http://wl.dlservice.microsoft.com/download/C/D/E/CDE9FB6A-F3B8-48DD-A789-9D564BEAAD56/ja/wlsetup-web.exe

● Windows Live Essentials の日本語版をインストールする
  (一度セットアップファイルをダウンロードしてからインストールする)
    http://wl.dlservice.microsoft.com/download/2/6/9/269979BF-69FA-470F-87BE-7B72EF90720F/ja/wlsetup-all.exe
 


この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Windows Live Essentials 2011 Beta Refresh available for download NOW! (Updated) - LiveSide.net
    http://www.liveside.net/main/archive/2010/08/17/windows-live-essentials-2011-beta-refresh-available-for-download-now.aspx
● ソース
  Neowin.net - Windows Live Essentials 2011 beta 2 available now
    http://www.neowin.net/news/windows-live-essentials-2011-beta-2-available-now

ベータ1 のときと同様、ベータ2 をインストールするコンピューターに古いバージョンがインストールされている場合はその古いバージョンをアンインストールする必要があります。

2010年8月18日水曜日

グーグル、Google Chrome 6.0(ベータ版)にアップデートを公開


グーグルは Google Chrome 6.0(ベータ版)に対し、アップデートを公開しました。
このアップデートをインストールすると、バージョン 6.0.472.36 になります。

このバージョンでの主な変更点は安定性・信頼性の向上と小さな不具合の修正となっています。
修正された小さな不具合としては次のものがあります。
 
  • SSL 要求の処理の変更
  • 最小化状態から戻すときに発生する問題の修正
  • 同期機能にあった不具合の修正
  • Click-to-Play にあった不具合の修正

セキュリティに関する問題の修正は無いようです。
 


この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。

● Google Chrome のベータ版をダウンロード
  Google Chrome(BETA)
    http://www.google.com/intl/ja/landing/chrome/beta/



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Download Google Chrome Beta 6.0.472.36 -  - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Download-Google-Chrome-Beta-6-0-472-36-152445.shtml

今日も暑かったです…。

2010年8月17日火曜日

マイクロソフト、一部のメディアとストレージで Windows 7 がクラッシュする問題を公表


マイクロソフトは Windows 7 と Windows Server 2008 R2 において一部のメディアとストレージが原因でクラッシュする問題があると発表しました。

これは Media Transport Protocol (MTP) デバイスや Windows ポータブル デバイス (WPD) ドライバを使用するサードパーティー製のアプリケーションをインストールし、インストールしたデバイスを初めて接続するときに Windows がクラッシュしてしまうというものです。

この現象によって Windows  がクラッシュしたときは、ブルースクリーンになり、次のようなエラーメッセージが表示されます。
 
STOP: 0x00000001 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4) APC_INDEX_MISMATCH.
!> 「STOP: 0x00000001」がすべて、この問題によるものとは限りません。

原因はアプリケーションをインストールする際に USB デバイスのリセットコマンドが実行されることなど複数あるようです。

現在、この問題を修正するプログラムは影響を受けたユーザーのみに配布され、 それ以外のユーザーに関しては次回の Service Pack を通じて修正プログラムがインストールされる予定です。
 


この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  "STOP: 0x00000001" error occurs in Windows Server 2008 R2 or in Windows 7
    http://support.microsoft.com/kb/2203330/
● ソース
  Windows 7 Crashes Caused by Some Media and Storage Devices -  - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Windows-7-Crashes-Caused-by-Some-Media-and-Storage-Devices-152355.shtml

今日は非常に暑かったです。メインのPCのHDDの温度が50度を超えそうだったので本日は予備機からの更新としました。

2010年8月16日月曜日

休止状態から復帰させると、画面が暗くなる不具合を修正へ


マイクロソフトは Windows 7、Vista、Server 2008 R2、Server 2008 において休止状態から復帰させると、画面が暗くなる不具合を修正する更新プログラムを一部のユーザーに配布していることが分かりました。
今後、一般ユーザーへの配布も予定されているとのこと。

この不具合は Windows を電源ボタンを押して休止状態にし、同じく電源ボタンを押して復帰させた後、ログオン中に再度電源ボタンを押して休止状態にし、さらに電源ボタンを押して復帰させるとこの問題が発生します。

原因は Windows のモニターへの表示プログラムの不具合で、この問題が発生したときは再度ログオフし、ログオンすると元に戻るそうです。



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  The computer screen dims after you log on to resume a computer from hibernation in Windows 7
    http://support.microsoft.com/kb/982635/
● ソース
  Hotfix Available for Windows 7 Hibernation Issues -  - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Hotfix-Available-for-Windows-7-Hibernation-Issues-151879.shtml

この不具合の修正プログラムは次の Service Pack に組み込まれると思います。

2010年8月13日金曜日

グーグル、Google Chrome 6.0(ベータ版)を公開


グーグルは Google Chrome 6.0(ベータ版)を公開しました。
このベータ版をインストールすると、バージョン 6.0.472.33 になります。

Google Chrome 6.0(ベータ版)では今までのバージョンに存在した不具合の修正や安定性の向上、UIの刷新、新機能の追加などの変更が含まれています。

特に、今回のバージョンではページの表示速度の向上に重きが置かれています。
Google Chrome 6.0(ベータ版)では JavaScript エンジンの改良により、以前のバージョンである Google Chrome 5.x と比較しても高速化されていることがわかります。
グーグルによると、Google Chrome 6.0(ベータ版)と Google Chrome 5.x とを比較したパフォーマンステストの結果は次のようになっているとのこと。

  • V8 ベンチマークで 15% 未満の高速化
  • SunSpider ベンチマークで 15% のパフォーマンスの向上
  • Mozilla の Dromeao DOM Core Tests で 64% のパフォーマンスの向上

また、主な新機能としては「オートフィル(自動入力)」が追加されました。
この機能はユーザーの入力の頻度に応じて自動的に自動入力のデータを蓄積していくので、ユーザーがこの機能を使うたびに、自動入力機能としての精度が向上します。

さらに、この自動入力のデータは Google アカウントと関連付けてインターネット上にバックアップを保存することができます。

http://r5ocpg.bay.livefilestore.com/y1pf1J5fRbe2ixZFfmtgwsaL-B3gMDQAskj3f80rshtpvgj0ipjAOR49b6rJmoGuF0if6_LUMKDlLvOwo8Yyb4_Z9b_cf58sLaN/google_chrome_60dev_03.png?psid=1
 
(【参考】Google Chrome 6.0 の新しいユーザーインターフェース)
 
http://public.bay.livefilestore.com/y1paUGPI4llWWoaaOIB7ac6dNme71bC8DJZSE9eoD3Dx-O26jn69JNWDlHk-fb1q6OT5QGWPHJo4OFG1kW7wVcifA/google_chrome_60dev_04.png?psid=1

(【参考】一部変更されたツールメニュー)
 


この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。

● Google Chrome のベータ版をダウンロード
  Google Chrome(BETA)
    http://www.google.com/intl/ja/landing/chrome/beta/




この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Google Chrome Blog: Syncing, simplifying, and speeding up with Chrome's new beta
    http://chrome.blogspot.com/2010/08/syncing-simplifying-and-speeding-up.html
● ソース
  Download Google Chrome 6.0 Beta – More Performance, UI Facelift -  - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Download-Google-Chrome-6-0-Beta-More-Performance-UI-Facelift-151803.shtml

今日、品川駅の新型自販機を見てきました。おすすめ商品の表示機能や商品選択から購入画面まですべてタッチで操作できるという操作性に先進性を感じました。
商品購入後の「携帯電話をかざしてください」は一体何なのか気になります。。

2010年8月11日水曜日

古いブラウザーでは Windows Live Hotmail Wave4 を利用できません


マイクロソフトは古いブラウザーでは Windows Live Hotmail Wave4 が利用できないということを通知しています。

これは英語版の Windows Live Solution Center で多くのユーザーから「Hotmail にサインインできない」という問題の報告が相次いだため、通知したものです。

新しい Hotmail では表示が崩れたり、機能の一部が利用できなくなることを避けるため、古いブラウザーでアクセスするとサインインできなかったり、受信トレイが表示されないことがあります。

そのため、Hotmail Wave4 を使うにはサポートされているバージョンのブラウザをインストールするか、Windows Live メールなどのメールクライアントをインストールする必要があります。

なお、Hotmail Wave4 がサポートしているブラウザは次の通りです:
 
  • Internet Explorer 6.0 以上(Windows のみ)
  • Internet Explorer 6.x
  • Internet Explorer 7.x
  • Internet Explorer 8.x(標準モード)
  • Firefox 3.0 以上(Windows および Macintosh)
  • Safari 4.0 以上(Windows および Macintosh)
  • Google Chrome 最新の安定版(Windows のみ)



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Issues with New Windows Live Hotmail???
    http://www.windowslivehelp.com/thread.aspx?threadid=abc463ef-70c4-4cf5-bd8c-ea76b2268e96&page=1
● ソース
  Neowin.net - Microsoft: New Hotmail might work better in Chrome
    http://www.neowin.net/news/microsoft-new-hotmail-might-work-better-in-chrome
● ソース
  Windows Live Hotmail Wave 4 Supported Browsers -  - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Windows-Live-Hotmail-Wave-4-Supported-Browsers-151712.shtml

古いバージョンのブラウザーはセキュリティの面でもあまり良くないので Hotmail を使う、使わないに関係なくできるだけ最新版へのアップデートをおすすめします。

2010年8月10日火曜日

モジラ、Firefox 4 から自動更新機能を実装へ


モジラは Firefox 4 から自動更新機能を実装することを発表しました。

この発表された「自動更新機能」は Google Chrome のようにユーザーに通知することなくバックグラウンドでアップデートのダウンロードとインストールを行う機能です。

Firefox では Google Chrome とは異なり、バックグラウンドで行われる自動更新機能はユーザーの設定により無効化ができるようにするとのこと。

また、バックグラウンドでの自動更新については「Why Silent Updates Boost Security」という PDF ドキュメントでアップデートのリリース後、3週間以内に最新版を使用しているユーザー数の割合が記載されており、そこには「Google Chrome では 97 % 以上」という調査結果から、セキュリティの面では有効であることがわかります。
 
ただ、Firefox などはアップデートしたことにより、インストールされているアドオンが利用できなくなる可能性があるため、バックグラウンドでの自動更新については慎重に行うべきに思います。
 


この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Neowin.net - Mozilla to start auto-updates for Firefox 4
    http://www.neowin.net/news/mozilla-to-start-auto-updates-for-firefox-4
● ソース
  Why Silent Updates Boost Security
    http://www.techzoom.net/papers/browser_silent_updates_2009.pdf

新しい iPod の発表が8月16日~17日に行われるといううわさがありますが、一体どうなるのでしょう?

2010年8月9日月曜日

お問い合わせページが新しくなります

お問い合わせページが新しくなります

usiwin へアクセスしていただきありがとうございます。
 
電源管理ガジェットやフリップ時計ガジェットなどのご意見、ご感想、不具合報告などを Windows Live ID に登録することなく送信できる「お問い合わせページ」について8月より順次新しいデザインのページに切り替えます。

今までのページは無駄なスペースが多く、ウィンドウの大きさを変更するとフォームが正しく表示されないことがあり、改善してほしいとのご意見がありました。
そのため今回、表示崩れが起きにくいページ構成にし、よりわかりやすく入力できるように入力項目や注意事項の項目の配置を見直しました。

新しいページへの切り替えはフリップ時計ガジェットのお問い合わせページから行います。

また、このブログの記事のフッターにもお問い合わせページへのリンクを追加する予定です。

http://r5ocpg.bay.livefilestore.com/y1pXUqzxab8oQIy6Arz3T544MtKpGRSR4t_8tPOK_Zz5VJ20TXvweinexpSqppdoQneLaq3CN1lzk9f4EWVwhhBAl5pzJ64ibJP/usiwin_feedback_01.png?psid=1

(今までのページのデザイン)

http://r5ocpg.bay.livefilestore.com/y1pCbwMUsgJetLESgvQTzNPlwloS89y2RdjfIJJjQ7rX1jttK3929BDuVLUj8t4DXCBJ9EH1vFUD-W2RV5ZIKSlPhsuK5ui9lZ5/usiwin_feedback_02.png?psid=1

(新しいページのデザイン)
 
-- tsuhi

2010年8月6日金曜日

グーグル、Google Chrome 6.0.472.22(開発版)を公開


グーグルは Google Chrome 6.0(開発版)に対しアップデートを公開しました。
アップデートを適用すると、バージョンは 6.0.472.22 になります。

このバージョンでは安定性の向上の他に次のような修正が行われています。

  • ユーザーインターフェースの刷新
  • VP8・WebM のサポート
  • HTTPプロキシ経由の SSL接続で発生する問題の修正
  • 新しいタブページの右下に「履歴|ダウンロード|ヘルプ」の追加
  • ダウンロードした一部のファイルで拡張子が二重になって保存される問題の修正(例:setup.exe.exe)

なお、次の問題は既知の不具合として確認されていますが、まだ修正されていません。

  • 規定のブラウザとして設定されている他のブラウザの実行中に Chrome 起動すると正しく動作しない可能性がある
  • サイズの大きいファイルをドラッグアンドドロップするとブラウザがクラッシュする可能性がある

開発版ですので、テスト環境のみへのインストールをおすすめします。

http://r5ocpg.bay.livefilestore.com/y1pf1J5fRbe2ixZFfmtgwsaL-B3gMDQAskj3f80rshtpvgj0ipjAOR49b6rJmoGuF0if6_LUMKDlLvOwo8Yyb4_Z9b_cf58sLaN/google_chrome_60dev_03.png?psid=1

(Google Chrome 6.0 の新しいユーザーインターフェース)

http://public.bay.livefilestore.com/y1paUGPI4llWWoaaOIB7ac6dNme71bC8DJZSE9eoD3Dx-O26jn69JNWDlHk-fb1q6OT5QGWPHJo4OFG1kW7wVcifA/google_chrome_60dev_04.png?psid=1

(一部変更されたツールメニュー)
 


この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。

● Google Chrome のベータ版をダウンロード
  Google Chrome(BETA)
    http://www.google.com/intl/ja/landing/chrome/beta/



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Google Chrome 6.0.472.22 Dev Available, Get Ready for the Beta - Download it right here - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Google-Chrome-6-0-472-22-Dev-Available-Get-Ready-for-the-Beta-150872.shtml

PDFリーダーの統合が待ち遠しいです。。

2010年8月5日木曜日

マイクロソフト、Windows Live Hotmail の Wave4 へのアップグレードが完了


マイクロソフトは 6月中旬から行っている Windows Live Hotmail の Wave4 へのアップグレードについて、適用作業がすべて完了したと発表しました。
 
この結果、220か国の 3億5000万以上のユーザーが所有する、13億のアカウントで Wave4 が利用できるようになったことになります。

Windows Live Hotmail の開発チームでは Wave4 のフィードバックを収集、反映しており、「Hotmail を開いたとき、すぐにウェブメッセンジャーにサインインする」機能を規定の設定ではオフにするなど既に複数箇所で改善を行いました。

今後もフィードバックを積極的に収集し、改良やアップデートを行うとのこと。



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Hotmail completes rollout, makes changes - LiveSide.net
    http://www.liveside.net/main/archive/2010/08/03/hotmail-completes-rollout-makes-changes.aspx
● ソース
  Windows Live Hotmail Wave 4 Is Here for 1.3 Billion Inboxes and 350 Million Users - The upgrade is now complete - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Windows-Live-Hotmail-Wave-4-Is-Here-for-1-3-Billion-Inboxes-and-350-Million-Users-150516.shtml

Live Spaces のフィードバックも反映して欲しかったような…。

2010年8月4日水曜日

アドビ システムズ、Adobe Reader にサンドボックス機能を導入へ


アドビ システムズは 2010年に公開される次期 Adobe Reader に新しくサンドボックス機能を導入することを発表しました。

このサンドボックスは「Protected Mode」という名称で Adobe Reader に組み込まれる予定です。
既定の設定では有効ですが、設定によりこの機能を無効化することができます。

「Protected Mode」が有効の状態では PDF ファイルから外部のアプリケーションを開いたり、一時フォルダーにファイルを書き込むことができません。

このサンドボックス機能が組み込まれることにより、PDF ファイルからのすべての書き込み動作がすべて制限されるほか、将来的にはマルウェアのインストールやファイルの改変、レジストリキーの追加などの脅威からコンピューターを保護できるようにするとのこと。

また、古いバージョンの Adobe Reader にはこの機能は追加されません。

!)サンドボックスで完全な保護ができるわけではありません。

対応するOSは Windows 7、Server 2008 R2、Vista、Server 2008、Server 2003、XP になる予定です。



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Introducing Adobe Reader Protected Mode «  Adobe Secure Software Engineering Team (ASSET) Blog
    http://blogs.adobe.com/asset/2010/07/%20introducing-adobe-reader-protected-mode.html
  アドビ、Adobe Readerにサンドボックスを導入へ--2010年中にリリース - CNET Japan
    http://japan.cnet.com/sp/zeroday/story/0,3800105600,20417098,00.htm

安全性が高まるので良いことだと思います。

2010年8月3日火曜日

Windows Live Hotmail Wave4 へのアップグレード、今週末にも完了へ


マイクロソフトは今週末にもすべてのアカウントで Windows Live Hotmail Wave4 が使えるようになると発表しました。

この Windows Live Hotmail Wave4 は 6月にサービスを開始し、一定数のアカウントごとにアップグレードが適用されてきました。

Wave4 へのアップグレード適用中に Hotmail にアクセスすると次のような画面が表示されます。

http://r5ocpg.bay.livefilestore.com/y1pHsqE9phumCdfo6CzzCsCN1y2w9U4oUWMXc-NNK_pKdV91a2BF_QssFZrYsWBcxeFiQxpIA5tCJeWF9gTQcJrjSKbYZLQv8fP/live_hotmail_w4_11.png?psid=1

Wave4 の適用後は次のような新しい受信トレイが表示されます。

http://r5ocpg.bay.livefilestore.com/y1pSkF0eZYS9LjuYsxIZSot8zE0RyBrqF3tSncRZWD0pYIlJmcre6pqk2RThowaDDVobAWVRSv4glYjtE_qlBxWZsYV2bbclyHs/live_hotmail_w4_12.png?psid=1

Windows Live Hotmail Wave の主な新機能としてはメールを整理する「一括処理」(Sweep)、最大 10 GBytes までの添付ファイルへの対応、他のオンラインサービスとの連携ができる「Active Views」、Office Web Apps や SkyDrive に保存されたファイルを直接送ることができる機能の追加、ウェブメッセンジャー機能の復活などがあります。



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Windows Live Hotmail にサインイン
    http://mail.live.com/?rru=inbox
● ソース
  Windows Live Hotmail Wave 4 ? The Efficient Way to Do Email - Courtesy of Microsoft - Softpedia
   http://news.softpedia.com/news/Windows-Live-Hotmail-Wave-4-The-Efficient-Way-to-Do-Email-150166.shtml

ようやく私のアカウントも適用されました。新機能をどんどん活用していきたいと思います。

2010年8月2日月曜日

マイクロソフト、ショートカットファイル(.lnkファイル)に脆弱性に対する修正プログラムを明日公開へ


マイクロソフトはショートカットファイル(.lnkファイル)に存在する脆弱性に対し、明日(3日)、修正プログラムを公開することを発表しました。

日本では明日(3日)にも「定例外の緊急リリース」として Windows 7、Server 2008 R2、Vista、Server 2008、Server 2003、XP に Windows Update を通じて配布される予定です。

この脆弱性は Windows が細工されたショートカットファイルのアイコンを表示しただけで、ショートカットファイルに記述された任意の悪意のあるコードが実行されてしまうというものです。
 
問題のあるショートカットの入手元として USB ドライブやネットワーク共有などが危険だとされています。



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2010 年 8 月 (定例外)
    http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-aug.mspx
● ソース
  MS、Windowsのショートカット脆弱性に対する修正パッチを明日公開 -INTERNET Watch
    http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100802_385018.html

早急に対応してくれたので良かったです。