2011年5月31日火曜日

モジラ、Firefox 6.0(オーロラ)を公開


モジラは Firefox 6.0(オーロラ)を公開しました。
インストールすると、バージョンは 6.0a2 になります。

このバージョンではおもに次のような修正が行われています。

  • Permissions Manager 機能の追加
  • Add-ons Manager から直接互換性を確認できる機能の追加
  • タブの管理機能の改良
  • ウェブ開発者向けの「Web Console」などの機能の追加
  • その他ユーザーインターフェースの変更

Permissions Manager では各サイトのドメインごとに「パスワードの管理」、「現在位置の共有」、「Cookie の使用」、「ポップアップウィンドウ」、「オフラインストレージ」の設定ができるようになっています。
これによりサイトごとに細かくブラウザの動作を指定することができます。

Firefox ではバージョン 5.0 以降、「ナイトリー」>「オーロラ」>「ベータ」>「製品版」の順に開発が行われています。

この「オーロラ」は「ベータ」の前段階であり、製品版に比べ不具合が多く存在することがありますのでご注意ください。

オーロラでは数日ごとにアップデートが行われますので、ユーザーによってはわずわらしく感じることがあるかもしれません。
スクリーンショットは英語版ですが、日本語版のオーロラも公開されています。









この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。

● Firefox 6.0 オーロラのダウンロード
  次世代ブラウザ Firefox - プレビューリリース
    http://mozilla.jp/firefox/preview/ 



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Latest Firefox Aurora Now Available  | Future Releases
    http://blog.mozilla.com/futurereleases/2011/05/27/firefoxaurora/

2011年5月30日月曜日

Office 15 M2 で「Moorea」を起動させる方法

Office 15 M2 で「Moorea」を起動させる方法
次期 Office スイート「Office 15」で新しく追加された「Moorea」を起動する方法がわかりました。

この「Moorea」とはエクセルの表のようなスペースに、任意の画像、ドキュメント、文字を貼り付けて保存することのできるプログラムです。
「デジタルスクラップブック」と解釈してよいと思います。

Moorea を起動する方法

1.デスクトップで右クリックする
2.[ 新規作成 ] > [ ショートカット ]  をクリックする
3.項目の場所に次の文字列を入力する
32ビット版
“C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Virtualization Handler\CVH.EXE” “Virtual Command Shell 0015006C04090000″ /c Q:\15006C.enu\Office15\Montage.exe

64ビット版
“C:\Program Files (x86)\Common Files\microsoft shared\Virtualization Handler\CVH.EXE” “Virtual Command Shell 0015006C04090000″ /c Q:\15006C.enu\Office15\Montage.exe

4. [ 次へ ] をクリックする
5.適当な名前(例:Moorea)を付けて [ 完了 ] をクリックする
6.ファイルのプロパティの [ 作業フォルダー ] が次の文字列になっているか確認する
32ビット版
“C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Virtualization Handler”

64ビット版
“C:\Program Files (x86)\Common Files\microsoft shared\Virtualization Handler”











この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  How to Unlock and Run Moorea (Montage) in Office 15 M2 «  My Digital Life
    http://www.mydigitallife.info/how-to-unlock-and-run-moorea-montage-in-office-15-m2/

2011年5月27日金曜日

Windows Live SkyDrive Wave5 の最初のスクリーンショットが流出する


Windows Live SkyDrive Wave5 のスクリーンショットが流出しました。
流出したスクリーンショットは一部のみです。

スクリーンショットからは Hotmail のようなユーザーインターフェースでまとめられていることがわかります。
現在、SkyDrive の中に「Office」と「フォト」のサービスがありますが、次期 SkyDrive ではこれらのサービスも統合されるのだと思われます。

また、HTML5 対応のイメージビューアが導入され、ユーザーインターフェースが刷新されるとのこと。

Windows 8 M2(ベータの前の段階)では Windows Live ID との統合が行われていることから、SkyDrive も何らかの統合が行われるのではないかと思います。





この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  First screenshot leaked for Windows Live SkyDrive Wave 5 | LiveSide.net
    http://www.liveside.net/2011/05/14/first-screenshot-leaked-for-windows-live-skydrive-wave-5/

● ソース
  MS、「SkyDrive」の次期版でHTML対応を強化か? - CNET Japan
    http://japan.cnet.com/sp/allaboutms/35003225/

2011年5月26日木曜日

Office 15 M2 ビルド 15.0.2703.1000 をダウンロードする


Office 15 M2(マイルストーン2)のビルド 15.0.2703.1000 がインターネット上に流出したことがわかりました。
Office 15 とは Office 2010 の次の Office スイートで正式名称はまだ決定していません。

このビルドは 2012年3月8日にコンパイルされたものです。
Office 15 では新機能「Moorea」が追加されるほかに Word や Excel 、PowerPoint などで機能の改良が行われます。

まだ不具合の多いため既存のバージョンに上書きしないことが推奨されています。
その他のシステム要件は Office 2010 と同様とのこと。
この Office 15 には次の製品が含まれています。

  • Access 15
  • Excel 15
  • PowerPoint 15
  • Word 15
  • Outlook 15
  • Visio 15
  • InfoPath Designer 15
  • InfoPath Filler 15
  • Project 15
  • Publisher 15
  • OneNote 15
  • SharePoint Workspace 15
  • SharePoint Designer 15

「Moorea」の起動はコマンドプロンプトを使うようです。
ファイルの概要は次の通りです。

■ ファイル名
    MondoC2R.en-us_15.0.2703.1000_x86.iso
■ サイズ
    926 MB









この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。

● Office 15 M2 をダウンロード
  microsoft.office.15.m2.torrent
    http://www.mediafire.com/?o2iofk42020pz1x



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Office 15 (2012) M2 v15.0.2703.1000 Leaked Download «  My Digital Life
    http://www.mydigitallife.info/office-15-2012-m2-v15-0-2703-1000-leaked-download/

2011年5月25日水曜日

モジラ、Firefox 6.0 と Firefox 7.0 の開発を開始


モジラは Firefox 6.0 と Firefox 7.0 の開発を開始しました。

モジラの開発者はツイッターで Firefox 7.0 の開発を行っていることを発表しました。
現時点では Firefox 5.0 が「ベータ段階」、Firefox 6.0 が「オーロラ段階」、Firefox 7.0 が「ナイトリー段階」となっています。

モジラでは開発を ナイトリー > オーロラ > ベータ > 製品版 の順に進めているので、Firefox 5.0 のリリース後、すぐに Firefox 6.0 、Firefox 7.0 がリリースされると思われます。

Firefox 5.0 ではアカウントマネージャー、UI アニメーション、Windows 版での 64ビット対応の強化が、Firefox 6.0 ではウェブアプリケーションの対応強化、キャッシュの高速化、JavaScript エンジンの最適化が行われる予定です。(> 関連記事

あまりのペースの速さにユーザーはついていけなくなるかもしれませんね…。



この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。

● Firefox 6.0 と Firefox 7.0 のダウンロード
  Index of /pub/mozilla.org/firefox/nightly/latest-mozilla-central
    http://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/nightly/latest-mozilla-central/
!> Windows 版の Firefox 7.0 はまだ作られていません。



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Firefox 7 Starts Cooking - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Firefox-7-Starts-Cooking-202144.shtml

2011年5月24日火曜日

次期 Office スイートで追加される、「Moorea」の動画が YouTube に投稿される


次期 Office スイートで追加される予定の新製品「Moorea」(読み:モーレア)を操作する動画が YouTube に投稿されていることがわかりました。

この「Moorea」は Office 2010 の次の Office スイートで追加される予定です(> 関連記事
動画から Moorea はエクセルの表のようなスペースに、任意のイメージや文字、ドキュメントを貼り付けて保存できることがわかります。
「スクラップブック」のような機能であると解釈して良さそうです。

ソースの Softpedia は「PowerPoint と OneNote の子どものようだ」と表現しています。

保存した Moorea ドキュメントはローカルディスクに HTML 形式で保存され、ブラウザで参照できる仕組みのようです。

今後、どのように機能が拡充していくのか注目したいと思います。









この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Feast Your Eyes on Office 15 Moorea Demos - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Feast-Your-Eyes-on-Office-15-Moorea-Demo-201678.shtml

2011年5月23日月曜日

モジラ、Firefox 5.0 のベータ版を公開


モジラは Firefox 5.0 の ベータ版を公開しました。
インストールすると、バージョンは 5.0 になります。

今回公開された Firefox 5.0 のベータ版ではCSSアニメーション機能が追加されました。
また、レンダリングエンジンの改良、安定性の強化、メモリ管理の強化が行われています。

レンダリングエンジンの改良により、HTML5、XHR、MathML、SMIL などの規格のサポートが強化されています。

Firefox 5.0 より開発サイクルが従来より速くなり、数か月ごとにバージョンアップを行う計画になっています。
現在実装されていませんが、「アカウントマネージャー」「シンプルな共有UI」「UI アニメーション」「Windows 版での 64ビット対応強化」も計画(> 関連記事)されています。

正式版は今年中に公開されます。
同時にアンドロイド版の Firefox 5.0(ベータ)も公開されました。









この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。

● Firefox 5.0 ベータ版のダウンロード
  次世代ブラウザ Firefox - プレビューリリース
    http://mozilla.jp/firefox/preview/



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Mozilla Japan ブログ - 高速リリースサイクル移行後初の Firefox ベータ版公開
    http://mozilla.jp/blog/entry/6763/

2011年5月21日土曜日

Office 2010 SP1 は 6月の後半にリリースへ


Office 2010 SP1 が 6月の後半にリリースされることがわかりました。

リリース直後はダウンロードセンターおよび Microsoft Update より配布され、その配布後 90日以内に自動更新による配信が開始されます。

主な変更点は次の通りです:

  • Outlook 予定の「スヌーズ」機能の問題の修正
  • PowerPoint 発表者ツールの既定の設定の変更
  • PowerPoint Internet Explorer 9 への「ネイティブ」対応
  • SharePoint Server バックアップと復元機能の向上
  • Search Server PPSX ファイルの検索のサポート

  • Office(Web App) Internet Explorer 9 への「ネイティブ」対応
  • Office(Web App) Google Chrome の対応
  • Word(Web App) 編集モードで印刷のサポート
  • Excel(Web App) 表の挿入機能の追加
  • Outlook(Web App) Exchange Online のみ対応のプレビュー版
 
他にも今までに公開された修正プログラムも含まれます。



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Announcing Service Pack 1 for Office 2010 and SharePoint 2010 - Office Sustained Engineering - Site Home - TechNet Blogs
    http://blogs.technet.com/b/office_sustained_engineering/archive/2011/05/16/announcing-service-pack-1-for-office-2010-and-sharepoint-2010.aspx

2011年5月20日金曜日

次期 Office スイートで新製品「Moorea」が追加されるもよう


次期 Office スイートで新製品「Moorea」(読み:モーレア)が追加されることがわかりました。

この「Moorea」は Office 15 より追加されると思われている製品でテキスト、動画、音声のデータを 1つの製品で管理することができるそうです。

ユーザーインターフェースは Windows Phone で採用されている「Metro UI」のような感じです。
詳細な機能についての情報はまだありませんが、扱い的には Windows Media Center のようになるのではないかと思っています。









この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Office 15 Moorea Makes New Appearance in Build 15.0.2703.1000 - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Office-15-Moorea-Makes-New-Appearance-in-Build-15-0-2703-1000-200862.shtml

2011年5月19日木曜日

Office 15 ビルド 15.0.2703.1000 のインストール動画が投稿される


Office 15 ビルド 15.0.2703.1000 のインストール動画が投稿されました。

2日前にこのビルド(15.0.2703.1000)のスクリーンショットが流出した(> 関連記事)とお伝えしましたが、すでにインストールしている最中の動画が YouTube に投稿されていたことがわかりました。

動画は Windows 8 に Office 15 をインストールしたものと思われ、現在のところ、まだ「Office 2010」と表示されています。後の約 1分30秒には Word 15 を起動し文字を入力するシーンもあります。

なお、Office 15 は正式な名称ではありません。。





この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Installing Office 15 M2 Build 15.0.2703.1000 - Softpedia
    http://news.softpedia.com/news/Installing-Office-15-M2-Build-15-0-2703-1000-201045.shtml

2011年5月18日水曜日

グーグル、Google Chrome 13.0 (開発版)を公開


グーグルは Google Chrome 13.0(開発版)の新しいバージョンを公開しました。
インストールすると、バージョンは 13.0.767.1 になります。

このバージョンではおもに次のような修正が行われています。

  • 印刷プレビュー機能の追加
  • オムニボックス(アドレスバー)の文字列参照の機能向上

このバージョンから印刷プレビュー機能が追加されました。
メニューから「印刷」をクリックすると印刷プレビュー画面に切り替わります。

印刷プレビュー画面では送信先(印刷するプリンター)、印刷するページ、コピー(部数)、レイアウト、カラーを設定することができます。また、「Advanced...」をクリックすることで、以前のバージョンで使われていた Google Chrome の印刷画面(PrintDialog コントロール)から印刷することもできます。

環境によってはオムニボックス入力時にコンピューターのパフォーマンスが低下することがあるそうです。







アドレスバーに「about:flags」を入力すると、開発途中の新機能を試すことができます。



この記事に関連するダウンロードへのリンクを表示します。

● Google Chrome 13.0.767.1(開発版)をダウンロード
  chrome_installer.exe
    http://dl.google.com/chrome/install/767.1/chrome_installer.exe



この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Google Chrome Releases: Dev Channel Update
    http://googlechromereleases.blogspot.com/2011/05/dev-channel-update_17.html

2011年5月17日火曜日

Office 15 ビルド 15.0.2703.1000 のスクリーンショットが流出する


Office 15 ビルド 15.0.2703.1000 のスクリーンショットが流出しました。
このビルドは 2011年 3月にマイルストーン2 で発行されたものだそうです。

この Office 15 からは Metro UI の要素を少し入れていくようです。
Metro UI とは Windows Phone 7 のメニューで採用されているユーザーインターフェースのデザインでタイルのようなボタンが特徴です。


現在判明している変更点は次の通りです。

Word
・オンラインの動画と音声の挿入
・テキスト選択のアニメーションの追加
・スクロールのスムーズ

Excel
・リボン内にフィルタリングタブの改良
・ダイアログボックスの刷新
・Atom フィードからのデータのインポート
・ローマ数字からアラビア数字への変換機能
・高度な三角関数計算機能の追加
・ガウス、ガンマの計算機能の追加













この記事に関連するサイトへのリンクを表示します。

● ソース
  Neowin.net - Office 15 Build 15.0.2703.1000 images leak
    http://www.neowin.net/news/office-15-build-15027031000-images-leak