2012年1月11日水曜日

アドビ システムズ、Adobe Reader および Acrobat X を更新

アドビ システムズは Adobe Reader および Acrobat X の更新を公開しました。
Adobe Reader X を更新すると、バージョンは 10.1.2 になります。

対象となる製品は次の通りです。

Windows
    Adobe Reader X (10.1.1) およびそれ以前のバージョン
    Adobe Acrobat X (10.1.1) およびそれ以前のバージョン

Macintosh
    Adobe Reader X (10.1.1) およびそれ以前のバージョン
    Adobe Acrobat X (10.1.1) およびそれ以前のバージョン

この更新ではおもに次のような修正が行われています。

  • メモリ破壊などの重要なセキュリティの問題
  • 保護モードの機能向上
  • 署名操作のパフォーマンスと安定性の向上
  • 繰り返しPDFを開くとクラッシュしたり、フリーズする問題の修正
  • VMWareで3D PDFファイルを表示するとクラッシュする問題の修正
  • その他安定性の向上

このバージョンよりサポートする環境が変わっています。

  • Windows 上の Firefox 8.0 をサポート
  • Mac OS X 10.7.2 のサポート
  • Windows 上の  Firefox 4.0/5.0 のサポートを停止

Adobe Reader / Adobe Acrobat のユーザーはまもなくアップデートの通知が行われます。
手動で更新をインストールするには「ヘルプ」>「アップデートの有無をチェック(U)...」の順にクリックしてください。

次回の Adobe Reader および Acrobat X の更新は 2012年4月10日の予定です。

ダウンロード
Adobe - Adobe Readerのダウンロード
http://get.adobe.com/jp/reader/

ソース
Release Notes | Acrobat, Reader
http://kb2.adobe.com/cps/837/cpsid_83708.html

ソース
Adobe - Security Bulletins: APSB12-01 - Security updates available for Adobe Reader and Acrobat
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb12-01.html

このブログを購読する
    このエントリーをはてなブックマークに追加  Evernote にクリップ 

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

外部からのハッキングが多いので困ってます。うちはOCNサーバーですがかなりハッキングされます。特にAdobe Plash playerとAdobe Readerで頻繁にフリーズします。 再度アップしなおすと改善されますが、ハッカーとのいたちごっこですね。 OCNはOCNでハッキングされ被害に遭ってもなんら対策を講じないいい加減な企業なので。 何か問題が生じた時にパスワードの変更でしか改善しません。

TPPも始まるのでアメリカの圧力なんでしょうが非常に迷惑な妨害工作です。

コメントを投稿