2012年4月30日月曜日

usiwin ラボの旧サイトを閉鎖しました

usiwin ラボの旧サイトを閉鎖しました
いつも usiwin にアクセスしていただきありがとうございます。

■    

以前から移転作業を進めてまいりました usiwin ラボについて、4月30日の契約終了と同時に旧サイトの運営を終了することにしました。
新しいサイトは「usiwin.webege.com」です。

ブックマーク / お気に入りに登録されている方にはご迷惑をおかけいたします。
いままでご利用いただきありがとうございました。

-- tsuhi

2012年4月28日土曜日

Office 15 Technical Preview の新しいスクリーンショットが流出する

次期 Office ベータ版の新しいスクリーンショットが流出しました。
この次期 Office(以下、Office 15)は 2012年中ごろにベータ版が一般公開されるという情報があります。

全体的な画面の構成は前回の流出(> 関連記事)とほぼ同じでタブレットでの操作を考慮されています。ユーザーインターフェースは リボンUI と メトロUI を組み合わせたようなデザインになっています。



今回の流出で新しく Word に「Reading mode」というモードが追加されていることがわかりました。これは文章を編集できない状態にし、本文の確認を行いやすくする機能だと思われます。


すでに Word には全画面モードという表示機能も搭載されていることが確認されています。


以下のは、Word以外の流出したスクリーンショットです。





Office 15 のスクリーンショットに関連する記事
Office 15 Technical Preview のレビューが公開される
http://usiwin.blogspot.jp/2012/03/office-15-technical-preview.html
Office 15 の UI デザインを確認する
http://usiwin.blogspot.jp/2012/02/office-15-ui.html
Office 15 は すべての製品がメトロ スタイルに対応していないかもしれません
http://usiwin.blogspot.jp/2012/02/office-15.html

ソース
Quick Peek: Office 15 Beta Refresh
http://www.winsupersite.com/article/office/quick-peek-office-15-beta-refresh-142905

このブログを購読する

2012年4月26日木曜日

Microsoft Security Essentials 4.0 が登場する

マイクロソフトは Microsoft Security Essentials 4.0 を公開しました。
本体プログラムのバージョンは 4.0.1526.0 です。


また、この正式版の公開と同時にベータ プログラムは終了しました。
以前のバージョンのユーザーは Windows Update を通じてプログラムを更新できます。

このバージョンの特長は次の通りです。

・保護の強化
脅威的なマルウェアを発見したとき、ユーザーの操作を待つことなく自動的に削除します。

・パフォーマンスの強化
コンピューターのパフォーマンスに悪影響ができるだけ出ないようになっています。

・シンプルなUI
わかりやすくてシンプルなユーザーインターフェースで操作がより簡単になります。

・保護エンジンの刷新
検出および検疫、削除を行うエンジンが強化されます。

以上の特長以外にも複数の不具合の修正が行われています。
対応するOSは Windows 7、Vista(SP1以降)、XP SP3 です。


ダウンロード
ダウンロード詳細 Microsoft Security Essentials
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=e1605e70-9649-4a87-8532-33d813687a7f

ソース
Microsoft Security Essentials - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/products/security-essentials/

このブログを購読する

モジラ、Firefox 12.0(正式版)を公開

モジラは Firefox 12.0(正式版)を公開しました。
インストールすると、バージョンは 12.0 になります。


このバージョンではおもに次のような修正が行われています。

  • ソースに行番号の追加
  • title 要素の改行文字をサポート
  • アップデート時にユーザーアカウント制御の画面が表示されないように変更
  • ページ内検索したとき、強調部分が画面の中央に表示されるように変更
  • ダウンロードマネージャに貼り付けたURLを自動的にダウンロードするように変更
  • CSSの「text-align-last」に対応
  • TinyMCE ベースのテキストエディタで読み込めない問題の修正
  • Mac 版で WebGL のパフォーマンスが低下する問題の修正
  • セキュリティ上の問題の修正
    最高: 7 件、 高: 4 件、 中: 3 件、■ 低: 0 件

このバージョンでは細かい機能の修正、追加が行われたようです。
セキュリティの修正も含まれていますのでアップデートをお忘れなく。。


次の Firefox 13.0 は 6週間後の 6月 6日にリリースされる予定です。

ダウンロード
ダウンロード | 次世代ブラウザ Firefox
http://mozilla.jp/firefox/download/

ソース
Firefox 12.0 リリースノート
http://mozilla.jp/firefox/12.0/releasenotes/

ソース
Firefox セキュリティアドバイザリ
http://www.mozilla-japan.org/security/known-vulnerabilities/firefox.html#firefox12

このブログを購読する

2012年4月25日水曜日

SkyDrive が刷新される - 新規ユーザーは 7GBからに


マイクロソフトは SkyDrive を刷新しました。
今回、サービスの内容が見直され、新たにクライアント アプリの提供も開始されています。

新規ユーザーに割り当てられる容量はいままでの 25GBから 7GB に変更され、有料のプランに申し込むことで、最大 100GBを追加することができます。
4月1日以前に登録したユーザーはいったん 7GB に変更されますが、期間限定で 25GB に無料で容量を増やすことができます。

有料のプランの料金は次の通りです。

SkyDrive +20(20GBを追加する) 800円 /年
SkyDrive +50(50GBを追加する) 2000円 /年
SkyDrive +100(100GBを追加する) 4000円 /年


さらに Windows / Mac / iOS / Windows Phone のそれぞれに対し、SkyDrive のクライアントアプリも公開されました。
Windows 版では Windows エクスプローラーと、Mac 版では Finder との統合できるようになっており、ローカルに保存されているファイルを操作するように使うことができます。
Windows / Mac 版のクライアントを使えば、最大 2GBのファイルをアップロードができます。

対応するOSは次の通りです。

  • Windows 8 Consumer Preview
  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Mac OS X Lion
  • iOS 4.0 以降(iPhone、iPad、iPod touch)
  • Windows Phone 7.5 以降


今回、無料版が 7GBに設定された理由として、Office ドキュメントや写真などを共有しているユーザーの 99.94% が 7GB 以下の利用であり、多くの人にとって十分な容量であると判断されたことがあげられます。


ダウンロード
SkyDrive アプリ
https://apps.live.com/skydrive

ソース
Making personal cloud storage for Windows available anywhere, with the new SkyDrive - Building Windows 8 - Site Home - MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/b8/archive/2012/04/23/the-next-chapter-for-skydrive-personal-cloud-storage-for-windows-available-anywhere.aspx

このブログを購読する

2012年4月24日火曜日

Windows 8 Release Preview は 6月の第 1週に公開予定

マイクロソフトは日本で行われたイベント「Windows Developer Days」でリリース候補版(RC版)にあたる、Windows 8 の Release Preview を 6月の第 1週に公開すると発表しました。


公式のTwitterでもこの情報が投稿されています。
引用:


Announce...Windows 8 Release Preview first week of June. Here's the announce from Japan's Windows 8 Dev Days #thankyou

具体的な日時やその他の Windows 8 に関する情報は発表されていません。
10月に正式版の公開が予想されていますが、いったいどうなるのでしょうか。。

今後も Windows 8 に関する情報を収集し続けていきたいと思います。

ソース
Twitter / @BuildWindows8: Announce...Windows 8 Relea ...
https://twitter.com/#!/BuildWindows8/status/194627936115101696

このブログを購読する

2012年4月23日月曜日

まもなく Firefox 3.6 のサポートが終了します

明日、4月24日をもって Firefox 3.6 のサポートが終了します。

これは Mozilla の公式ブログで発表されたもので、Firefox 3.6 は高速リリースが始まる前(2010年 1月)に公開された最後のバージョンとなります。


このバージョンは長期間のサポートを求める、企業、教育機関、公共機関ユーザー向けのリリース計画がまとまるまでの間、暫定的にサポートが延長されていましたが、2012年 1月 31日に延長サポート版(ESR)の提供が開始されたことに合わせて、Firefox 12の公開と同時にサポートが終了します。

現在、延長サポート版(ESR)は Firefox 10 をベースにしたものが無料で公開されています。

ダウンロード
Firefox/Thunderbird 法人向け延長サポート版 (ESR) のダウンロード
http://mozilla.jp/business/downloads/

ソース
Upcoming Firefox Support Changes | Future Releases
http://blog.mozilla.org/futurereleases/2012/03/23/upcoming-firefox-support-changes/ 

このブログを購読する

2012年4月19日木曜日

Windows 8 Enterprise の詳細が明らかに


マイクロソフトは公式ブログで Windows 8 Enterprise の詳細を発表しました。
Windows 8 Enterprise はソフトウェアアシュアランス契約をしている企業、個人で利用できるエディションで、一般には販売されません。

Windows 8 Pro で使えるすべての機能に加え、次のような機能も利用できます。

  • Windows To Go:外部のUSBメモリで起動できる Windows 8 のデスクトップ環境で、セキュリティ環境を損なうことなく自分のPCを持ち運ぶことができます。(> 関連記事
  • DirectAccess:リモートユーザーがそれぞれのVPN接続を行うことなく、企業ネットワーク内のリソースに簡単にアクセスできます。
  • BranchCache:サーバーからのファイル、ウェブサイトなどのコンテンツのキャッシュを可能にし、何度も同じコンテンツをダウンロードしなくなります。
  • AppLocker:ユーザーやグループ単位でファイルやアプリの実行を制御することができます。
  • VDI の機能強化:RemoteFX と Windows Server 2012 を拡張、強化したもので、USB周辺機器を使った 3D グラフィックの再生 と あらゆるネットワーク越しのでタッチ対応デバイスの利用ができます。

その他にも企業向けの管理機能強化やライセンスの利用権などが Windows 8 に合わせて変更されます。

ソース
Introducing Windows 8 Enterprise and Enhanced Software Assurance for Today’s Modern Workforce
http://windowsteamblog.com/windows/b/business/archive/2012/04/18/introducing-windows-8-enterprise-and-enhanced-software-assurance-for-today-s-modern-workforce.aspx

このブログを購読する

2012年4月18日水曜日

Windows Server 8 の正式名称が「Windows Server 2012」に決定される

マイクロソフトは Windows Server 8 の正式名称を「Windows Server 2012」に決定したことを発表しました。


この Windows Server 2012 は Windows 8 とほぼ同じ時期で、今年の後半に発売される予定です。
2月には Windows 8 の Consumer Preview と同時に Windows Server 8 のベータ版が公開されています。

Windows Server 2012 の特徴としては新しいファイルシステム「Resilient File System(ReFS)」のサポート、ストレージ プール機能の追加などがあります。

ソース
Customers Find Success With Microsoft Private Cloud
http://www.microsoft.com/en-us/news/Press/2012/Apr12/04-17MMSDay1PR.aspx

このブログを購読する

2012年4月17日火曜日

Windows 8 のエディションは 4つで決定 - 無印、Pro、RT、Enterprise

マイクロソフトは公式ブログで Windows 8 の各エディションの名称と機能を発表しました。
Windows 8 でも無印と Pro は 32ビット / 64ビットCPU に対応します。

一般ユーザー向けのエディションは Windows 8 、Windows 8 Pro そして Windows RT です。

Windows 8(無印)は Windows XP の Home Edition、7 の Home Basic 、Home Premium にあたるもので、家庭での使用を想定した製品が含まれています。
Windows 8 Pro(厳密にはProfessionalではない)は Windows XP、7 の Professional にあたり、技術専門家や企業での使用が想定されています。

「Windows 8」を名乗らない Windows RT は ARM プロセッサ搭載の端末にプリインストールされた状態でのみ提供され、タブレットでの利用を前提とした新しい種類のエディションです。この RT は以前のバージョンの Windows 向けに開発された既存のデスクトップアプリが動作しないことから購入する際は注意が必要です。なお、Office が標準で搭載されています。

Windows 8 Pro には既定では Media Center は含まれておらず、「media pack」アドオン(> 関連記事)を別に購入することで追加することができるようです。

主な機能の比較表は次の通りです。

機能の名称 Windows 8 Windows 8 Pro Windows RT
Windows 7 Starter、Home Basic、Home Premium からのアップグレード
Windows 7 Professional、Ultimate からのアップグレード
スタートスクリーン、セマンティック ズーム(指でのズーム操作)、ライブ タイル
Windows Store
アプリ(メール、カレンダー、People、メッセージ、フォト、SkyDrive、リーダー、音楽、動画)
Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)
Internet Explorer 10
デバイスの暗号化
スタンバイ接続
Microsoft アカウント
デスクトップ
x86/64 およびデスクトップソフトウェアのインストール
Windows Explorer の更新
Windows Defender
SmartScreen
Windows Update
強化されたタスクマネージャー
すばやい言語の切り替え(言語パック)
改善されたマルチモニターのサポート
Storage Spaces
Windows Media Player
Exchange ActiveSync
ファイル履歴
ISO / VHD のマウント
モバイルブローバンド昨日
ピクチャパスワード
Play To
リモートデスクトップ(クライアント)
PCのリセットとリフレッシュ
Snap
タッチと Thumb キーボード
安全な起動
VPNクライアント
BitLocker と BitLocker To Go
VHD からの起動
Hyper-V クライアント
ドメイン参加
ファイルシステムの暗号化
グループポリシー
リモートデスクトップ(ホスト)

> Windows 8 版 SkyDrive の関連記事
> Microsoft アカウントについての関連記事
> 強化されたタスクマネージャーについての関連記事
> すばやい言語の切り替えについての関連記事
> 改善されたモニタサポートについての関連記事
> ピクチャパスワードについての関連記事
> PCのリセットとリフレッシュについての関連記事

価格設定や Enterprise 版の詳細は後日発表される予定です。

ソース
Announcing the Windows 8 Editions
http://windowsteamblog.com/windows/b/bloggingwindows/archive/2012/04/16/announcing-the-windows-8-editions.aspx

このブログを購読する